らくライド

ロードバイクをらくしく乗るためのサイト

あなたの写真を載せてみませんか?写真を投稿する

いまさら聞けないこと

スムーズでカッコイイ 下りの安全な走り方のポイント

2018年5月28日

コーナリングに自信を持ちたい

峠などの下り坂を高速で駆け下りている時の爽快感は、ロードバイクの魅力のひとつですね。今回は、カッコイイ高速ダウンヒルを習得しましょう。カッコイイと言っても、どれだけスピードを出せるかというものではなく、安定したフォームでコーナーをスムーズに走るためのスキルを学びます。今年は、コーナーリングに自信をもって走れるようになりましょう。

 

基本スキルを確実に行えばコーナーリングは安定する

直線的な下りでも、コーナーリング中の下りでも、高速走行時の共通点は低重心化です。エンデューロレースなどでは下ハンドルを握り極力低い姿勢をとりますが、ロングライドの下りでも、少しだけ姿勢を前傾させ頭の位置を下げるだけで、安定感が増します。

加えて、コーナーリング中には、走りながら重心位置を微調整しながら走る必要があります。この時、バイクの上で、上体を少し倒すだけで、バイクは旋回をしてくれます。ポイントは、ハンドルを切る意識ではなく、あくまで上体を少し倒すことで生まれる重心移動でコーナーを曲がることです。

コーナー時の遠心力と重力の関係

コーナー時の遠心力と重力の関係

 

さて、ビギナーの多くが失敗しやすいコーナリング事例が、コーナーを曲がり切れずに慌ててブレーキをかけてしまうケースです。過去にヒヤッとした経験をした方も少なくないのではないでしょうか。

この原因は、コーナー進入時のスピードが高すぎることに尽きます。コーナーの曲がり(アール)に対して、曲がり切れるスピードとタイヤのグリップ力の限界があるので、曲がり切れないとコーナーの途中でブレーキをかけて減速をしいられます。コーナリング中のブレーキほどグリップを失いやすいシーンはありません。基本的にコーナリング中は、ブレーキをかけず、路面とバイクのグリップ力を発揮させることが大事なのです。

安定感がありスムーズなコーナーリングをするためには、1「コーナー進入時までに速度をしっかりと減速しておく」、2「コーナー旋回中は重心移動で曲がり、ブレーキはかけない」、3「バイクが十分に立ち上がったタイミングで踏み出し、コーナー出口では加速する」。この3つが下りコーナーの基本スキルです。

コーナー時の3つの基本スキル

コーナー時の3つの基本スキル

 

進入スピードよりも出口でのスピードが速まるように意識すると、スムーズで安定感のあるコーナリングをできるようになるでしょう。

 

タイヤの空気圧を探してみよう

高速域でバイクを倒して、グリップを生みながら曲がるためには、タイヤのグリップ力を高めてあげることも大切です。まずは、タイヤの空気圧をチェックしましょう。タイヤはモデルによって適正空気圧(6.0~9.0barなど)が指定されています。タイヤの側面に記載されていることがほとんどです。まずは、指定空気圧の下限にセットして、試しにコーナーを走ってみましょう。その後、空気圧を1回あたり0.2~0.3気圧ほど上げながら、同じコーナーを走りグリップ力の差を確認しましょう。この作業を行うだけで、タイヤの抵抗を感じることなく、グリップ力が最も発揮される空気圧を見つけられるでしょう。ちなみに、ベストな空気圧は路面状況やライダーの体格によって変化するので、走行条件によって調整することが理想です。

タイヤ空気圧を調整してグリップを高めつつ、コーナリングの基本スキルを確実に行うことで、カッコイイ安心感のあるコーナリングが身につきます。今度の週末、ロングライドに出かけた時に、コーナリングの基本スキルを思い出しながら走ってみてくださいね。

 

■記事執筆者:橋本謙司(はしもと・けんじ)

スポーツジャーナリスト。自転車専門誌やランニング専門誌の編集者を経て、現在は、主にライターとカメラマンとして活動。Mt.富士ヒルクライム(一般の部)での総合優勝など、全国各地のヒルクライムレースで優勝多数。愛称は「ハシケン」。ホームページ http://www.hashikenbase.com

 

Tweet
↑ページの先頭へ