らくライド

ロードバイクをらくしく乗るためのサイト

あなたの写真を載せてみませんか?写真を投稿する

パワーメーター活用

FTPよりも低いパワーを一定に保つことがロングライドのカギ!

2018年8月13日

できるだけ長時間走り続けるためには?

パワーメーターによって測定できるペダリング時の出力、つまりパワーは、ロングライドを苦しまずに最後まで楽しむためのペーシングの指標になります。そして、パワーメーターを使用すると必ず登場するFTPとは、1時間持続可能な限界パワーを指し、その人の有酸素運動のレベルを表すパワーゾーンなのです。ロングライドでは、この有酸素運動の限界値であるFTPよりも低い運動強度で走り続けることがポイントになります。

そもそも、パワーとその持続時間は反比例の関係にあります。当然ですが、高いパワーは短時間しか持続できず、低いパワーは長時間発揮し続けることができます。できるだけ長時間走り続けるためには、自身が持続できるパワーを把握してコントロールする必要があるのです。

「パワーと持続時間」実際の例

 

過去のデータから推定FTPを算出する方法

さて、FTPの求め方には、FTPテストと呼ばれるパワートレーニングの世界では有名なトレーニングテストがあります。自分の現在の有酸素運動能力の限界値を知るためのテストなので、実施には苦しさを伴います。そもそもロングライドでラクをしたい皆さんにとっては、FTPテストは避けられるならば避けたいものでしょう。

そこで、過去のライドデータの蓄積から推定FTPを算出する方法もあります。パイオニアが展開する解析ソフト「シクロスフィア」では、推定FTPがわかるためトレーニングテストを必要とせず、ロングライド志向のサイクリストにオススメのパワーメーターと言えるでしょう。

MMPグラフ パワーメーターで自分の限界を知ろう

 

ロングライドを無理なく走れるパワーの確認方法

それでは、実際に上のグラフを見ながら、ロングライドを無理なく走れるパワーを確認しましょう。過去の走行データを蓄積した「MMPグラフ」では、時間ごとの過去の最大平均持続パワーを表示してくれます。例えば、15秒間での過去最大平均パワーは700Wです。また、5分間での過去最大平均パワーは240Wです。ロングライドで指標となる1時間(FTP)の過去最大平均パワーは200Wということがわかります。ロングライドでは200Wを超えない範囲でパワーを刻めば良いことがわかります。

なお、MMPグラフでは過去最大平均パワーと比較する形で、今回の走行パワーデータも表示します。「過去の自分を上回った!」という成長を確認することもできます。

このようにパイオニアのパワーメーター(パワーセンサー)を活用することで、パワーを指標にしたロングライド時のペース配分を知ることができるのです。

パイオニアのパワーメーター(パワーセンサー)とサイクルコンピューター

 

■記事執筆者:橋本謙司(はしもと・けんじ)

スポーツジャーナリスト。自転車専門誌やランニング専門誌の編集者を経て、現在は、主にライターとカメラマンとして活動。Mt.富士ヒルクライム(一般の部)での総合優勝など、全国各地のヒルクライムレースで優勝多数。愛称は「ハシケン」。ホームページ http://www.hashikenbase.com

 

Tweet
↑ページの先頭へ