らくライド

ロードバイクをらくしく乗るためのサイト

あなたの写真を載せてみませんか?写真を投稿する

パワーメーターの使い方

パイオニア新型GPSサイクルコンピューター「SGX-CA600」その6 ~いよいよリリースされた新アプリ「Cyclo Sphere Control」~

2019年1月14日

各種データのカラーグラフィック表示、最先端のGPSナビゲーションなど注目の機能を搭載するパイオニアの新型サイクルコンピューター「SGX-CA600」。パイオニアのサイクルコンピューターと聞いて真っ先にイメージするのが、パワーメーター機能と本格的なパワートレーニング機能かもしれません。でも、「SGX-CA600」は、ロングライドが大好きなサイクリストにも役立つ機能がたくさん詰まったモデルに進化しています。

 

新アプリ「Cyclo Sphere Control」

「SGX-CA600」では、スマホからの簡単操作を第一に開発されています。各種操作をサイクルコンピューター本体からではなく、スマートフォンのアプリケーションから簡単に行えるようにしているのです。この新アプリ「Cyclo Sphere Control(シクロスフィアコントロール)」が、「SGX-CA600」の発売に合わせて先日ついにリリースされました。「Cyclo Sphere Control」で検索すれば、一発で見つけることができます。

パイオニア新型GPSサイクルコンピューター「SGX-CA600」新アプリ「シクロスフィアコントロール」がついにリリース

新アプリ「シクロスフィアコントロール」がついにリリース

 

この新アプリでは、各種項目の選択や画面の分割などデータフィールドのカスタマイズをはじめとして、コースデータのアップロード、パワーのゼロ点校正、ファームウェアのアップデートまで全てスマホから操作を完結できてしまいます。

これは本体にBluetooth(ブルートゥース)通信規格を搭載することで、スマホとの連携を実現しています。走行直後のログデータのシクロスフィアやSNSへのアップロードが可能になりました。

ちなみに、データ解析アプリとして定着している「Cyclo Sphere Analysis(シクロスフィアアナリシス)」は、走行ログのアップロードとデータ解析のためのアプリとして従来どおり活用できます。「シクロスフィアコントロール」で設定を、「シクロスフィアアナリシス」でデータ解析という主な役割分担になります。

パイオニア新型GPSサイクルコンピューター「SGX-CA600」シクロスフィアアナリシス(上)とシクロスフィアコントロール(下)

シクロスフィアアナリシス(上)とシクロスフィアコントロール(下)

 

GPSナビゲーション機能

さて、「SGX-CA600」の注目機能のひとつに、GPSナビゲーション機能があります。 まず、ルート作成サービスの「RIDE with GPS」や「Strava」のサイト上でコースを作成。あとは、シクロスフィアコントロールに転送すると、本体に自動的に取り込めます。

パイオニア新型GPSサイクルコンピューター「SGX-CA600」スマートフォンアプリの「Strava」と「RIDE with GPS」

スマートフォンアプリの「Strava」と「RIDE with GPS」

 

ライドをスタートすると、詳細なマップ上に現在地だけでなく、右左折のナビアイコンも表示。また、右左折や登坂区間など、ルート上のポイントを示す「Qシート」も登場(現在、RIDE with GPSでQシート表示が可能)。さらに、距離と高低差を示したコースプロファイルも確認できるなど、本格的なGPSナビゲーションシステムを楽しめるようになっています。

パイオニア新型GPSサイクルコンピューター「SGX-CA600」本格的なGPSナビゲーションシステム

本格的なGPSナビゲーションシステム

 

これで、初めての土地でのロングライドも迷うことなく、計画通りに目的地まで到着することが可能になります。これまでちょっと踏み切れなかった新しいコースへの週末ロングライドも積極的にチャレンジできるようになるでしょう。

 

■記事執筆者:橋本謙司(はしもと・けんじ)

スポーツジャーナリスト。自転車専門誌やランニング専門誌の編集者を経て、現在は、主にライターとカメラマンとして活動。Mt.富士ヒルクライム(一般の部)での総合優勝など、全国各地のヒルクライムレースで優勝多数。愛称は「ハシケン」。ホームページ http://www.hashikenbase.com

 

Tweet
↑ページの先頭へ